初夏の箱根ドライブ

 2009年5月21〜22日、友人の車で、箱根・芦ノ湖畔の「山のホテル」に石楠花を見に行きました。 箱根湯本の少し手前の三枚橋を渡り、旧東海道(732号線)を上ることとなりました。此の路で芦ノ湖の湖畔まで昇るのは初めてでしたが、 途中、登山客を相手の茶店が3軒ほどあり、箱根町立資料館に立ち寄りました。小学6年生の団体が入り、熱心にメモを取っていました。下は大名行列の人形です。
芦ノ湖畔の「山のホテル」のツツジはほぼ終わり、石楠花も満開を少し過ぎた状態でした。写真の人物は赤の他人です。
山のホテルで昼食を 摂り、再び、旧東海道(732号線)を下り、今度は、仙石原の「ホテル大箱根」をカーナビに指示して、一般的な、 箱根裏街道(733号線)を上りました。途中、未だ一度も行ったことの無い「強羅公園」に立ち寄り、ブーゲンビリア館や熱帯館を見学し喫茶。 更にカーナビの指示に任せて裏道を通りホテルには午後3時頃到着しました。
  部屋から大箱根カントリークラブのインコースが見えます。早速、フロントで練習場のボール・コインを求め、付属の練習場で、5番ウッドを借り、30球の打ちっ放しで汗をかきました。 大浴場は露天風呂ではありませんが、大きなガラス張りで開放感を与えて呉れます。夕食は簡素な洋定食で、私は豚肉のコースを選びました。 部屋は暑いのか寒いのか判らず、暖冷房を切って休みましたが、汗をかきながら寝ていた様です。
   22日 朝、9時半にチェックアウト、733号線の途中で、初めて精進池のそばの駐車場を見付けて入り、保存整備記念館の中の地獄絵図などを見ました。六 道地蔵や不思議な釈迦堂もありました。 下図の左端の小屋に三途の川の模型が置いて有ります。近くに曾我兄弟の墓もありますが、駐車場が見あたりません。

 宮ノ下で国道1号線に乗り、小田原に下り小田原城の資料館を見学しました。「だるま」で昼食を摂り、無事午後3時頃に帰宅しました。 何度目の仏の加護でしょうか、この2日間、天気予報を裏切って好天に恵まれました。ただし、我が家の西側の日除けシートが風で剥がされていました。修理お疲れさま。