HOME

 2007年6月17日、町内の皆さんと千葉を訪ねました。10年来の年1回の行事ですが、私はとびとびに参加しています。47名が集合、貸し切りバスを満席にして、7時半に出発しました。梅雨入り後の日曜日ですが、好天に恵まれました。
 バスは「うみほたる」を経由、外房の鴨川市 太海浜のフラワーセンターに立ち寄りました。センターと呼ぶには気が引ける様な植物園でしたが、 綺麗な花を撮影し、釣り堀では鯛が釣られるのを見分しました。下は、朝の「うみほたる」からの眺望です。

 11時には昼食会場のホテル「吉夢」(きちむ)に到着しました。此処、鯛ノ浦は、親鸞聖人誕生の地だとのこと、 聖人の少年時代の銅像があり、聖人の母堂を祀る御堂があります。 私が子供の頃は鯛ノ浦の沖合に舟を出し、舟縁で手を叩くと、鯛が寄ってくると言う話を聞いていましたので、 是非体験したいものと願っていたのですが、見れば舟は50人乗りモーターボートで、船縁を叩くなど想像も出来ません。(嘘を信じていたのか本当だったのか不明です)
 ホテル「吉夢」の風呂は9階にあり、「天空風呂/聖人誕生の湯」と呼ばれる露天風呂は見晴らしも良く、特に快適でした。食事は品数・味とも手頃でした。

太海フラワーセンターとあじさい屋敷のスライドショー

 食後の時間もたっぷりで、私は波止場で釣りを楽しむ若い人々を見物して時間を潰しました。体長80cm位のボラを釣り上げましたが、すぐ放してやりました。 思わず「あー勿体なーい」と言ったら、夏のボラは臭くて食えないのですと説明して呉れました。 午後2時にホテルを出て、服部農園あじさい屋敷(茂原市三ヶ谷)に立ち寄り1万株の紫陽花を観賞しました。下はあじさい屋敷の展望です。 画面左手の丘の上まで紫陽花で埋まっています。

HOME