HOME

2007年 5月14日〜15日淡路島でのクラス会に参加しました 。


  2007年度の、大学の同級生の会に参加しました。14日、新神戸駅16名が集まり午後2時半、マイクロバスで淡路島に向けて出発しました。 55名の同級生のほぼ全員が満77才以上ですが、その内39名が生存しています。 生存率71%は同年齢の方々に較べて高い方に属すると思います。集合率は41%で高くはありません。 欠席者は本人あるいは、奥さんが病気のケースが大半です。

 左の地図の赤線で示す様に、途中、運転手さんの解説を聞き、復興を遂げた阪神震災被害地区を見たあと、明石海峡大橋を渡って南下しました。震災被害地区を10年振りに見てその力強さに驚きました。
 午後4時半に旅館「うめ丸」に到着、部屋割りのあと、入浴、6時半から会食と、お決りの順ですが、フロントで突然の申し込みにも拘わらず「碁会」のための1部屋を無料で用意して呉れました。ロビーからは、瀬戸内海と太平洋を分け、高速道路で淡路と四国を結ぶ大鳴門橋が一望でき、ロケーションとしては 良好です。冒頭に宿のロビーからの風景をパノラマ掲示しました。
 HOME
  料理も「鯛づくし」で、活き作りの鯛の半身が跳ねて皿から飛び出す勢いを見せていました。出席者16名のほぼ全員が何らかの大病を乗り越えたり、抱えたりして いる近況を報告していました。
 
15日、午前9時半発の渦潮観光船に乗りました。船名は「咸臨丸」で長さ42m、総トン数384トンでした。勝海舟が船長となり太平洋を横断した蒸気帆船・咸臨丸と同じ寸法で作ってあり、船室の一部に歴史資料が置かれていました。   10時半が干潮で渦潮を観ることが出来ました。大潮は明後日とのこと多分凄い光景だろうと思います。太平洋と瀬戸内海の海面の落差は、1.5m以上ありました。渦が数個並ぶことも初めて知りました。



   橋の写真の右が太平洋、左が瀬戸内海で、中間に岩礁があり、左からの潮の流れが大きな渦巻きとなっています。岩礁が大きな役目を果たしている様です。

下船の後、鳴門大橋記念館 に移動し、生まれて初めて人形浄瑠璃「傾城阿波鳴門・巡礼歌の段」を観ました。1つの人形に3人(2つの人形で6人)語りと音曲で2人と合計8人の手間を掛けるのに驚きました。HOME
 予定外でしたが、 我々高齢者の関心が高いので、日本書紀に出る「伊弉諾の命」を祀る「伊弉諾神社」に立ち寄り、鉾から垂れた雫が淡路島になったと言う話を思い出し、且つ、新男子皇族生誕の記念碑が既に建立されているのを見て、この社が皇室にとって大事な社であることを再認識しました。 下のパノラマ写真は本宮の境内です。
震災記念館では活断層のズレをガラスで覆って更に大型ドームで覆って見せ物にしていました。地震で破壊された鉄筋住宅をそのまま展示しあり震度7のすごさを感じさせます。

淡路「花さじき」に立ち寄り写真撮影だけで、高速道を新神戸へ飛ばし、運転手は午後4時ぴったりに駅に到着するという技を見せて呉れました。名残をおしみつつ来年の再会を願い解散しました。

HOME