HOME

 2006年7月30日(日曜)、熱海の大観莊に宿泊し、ホテルからの花火見物をしようと、ゆっくり目の、ほぼ無計画の出発で、午前11時ころ家を出ました。ゆっくりと云うのは、ホテルのチェックイン受付が午後2時からだったからです。戸塚駅の近くで昼食を済ませ、13時頃の普通電車で大船に着いたら、その電車を追い越す「快速アクティー」が後ろから来たので、それに乗り換えて、熱海へは、13時半ころの到着となりました。 タクシーでホテルに着いた時刻は未だ2時前でしたが、応対も親切で、お点前の接待を受けてから、部屋へ案内されました。
下は、大観莊の庭の一部です。庭には、小さな滝と流れがあり、鯉も沢山泳いでいます。
 
 荷物を部屋に置いて小休止してから、タクシーで「MOA美術館」へ行き、虚仮威しの建物に入り、エスカレーターを4〜5台乗り継いで、展示場に着きます。館内での撮影は許されませんので美術館のホームページからの絵を貼り付けます。 10の展示室には、仏像、焼き物、絵画などに分類されていますが、展示品の迫力には今ひとつ不足を感じます。今回、庭に利休庵などが残されていることを知り見学しました。斜面の利用に苦労しているものと思われます。

 

左上は館内から海と庭の風景です。

左下はMOA美術館の外観ですが、何処から外観を見ることが出来るのか判らず仕舞いでした。

右はペルシャの壺の前で、監視員の方が撮ってくれました。

 

宿でゆっくり夕食のあと、屋上に用意された花火桟敷に出ました。当日は梅雨明けで、山側から緩く涼しい風が吹き、花火見物には最適の条件でした。HOME

 


 

 

 

 

8月31日の帰路には、途中下車して久し振りの真鶴岬を訪ねました。木々の茂りが増えた様です。道路も益々広くなり、中川一政美術館の駐車場など整備が進んでいます。海岸まで降りる脚力に自信が無いので、喫茶室で竹筆での書道を実演販売していたので、書家が無料ですと書いて呉れた短冊を貰うと付いてくる枠が2000円とのことでした。文字は「一期一会」です。

  真鶴の魚市場の近くで新鮮な、刺身定食を食べて本当の帰路に就きました。HOME