HOME

《2003年5月17日〜30日;豪華フェリーで巡る美しき日本》 HOME

          《日本一周の旅》その−2      《日本一周の旅》 その3

 3月に申し込んでいた「モロッコへ紀行」が不成立となり、阪急交通のパンフレットの「豪華フェリーで巡る」の言葉に誘われて、電話で参加を申し込みました。「参加12名で既に成立しています」との返事で、参加者が少ない様なので安心していました。 処が、実際は当日と翌日、途中から参加の方々もあり、結局、東京から14名、名古屋から6名、大阪から16名、九州から6名などで、合計40名で、その人数の多さに驚きました。また、参加者の年齢も30代後半から78歳までで、平均も65歳以上と思われました。
 有り難い事に、此の旅行の2週間、雨にも遭わず、傘は一度も使わずに済み、台風4号は我々の帰宅の翌日に来る、仙台の地震は仙台着の2日前に起こると言う幸運(被害を受けた方々に申し訳ありませんが)に恵まれました。若い女性添乗員(青柳朱美さん)が、なかなかのベテランで、40人の高齢者の全員が無事故で帰ることが出来ました。
 難を言えば(私の事前の勉強不足もあり)、毎日宿が変わる強行軍であったこと、一部の現地ガイドに能力不足が見られた事、宿の食事は、宿としては、毛ガニ・海老・牛肉でなど特徴を出そうとしているのですが、結果的には似たり寄ったりになって飽きて仕舞う事くらいでした。 添乗員の青柳さんは、遇った瞬間から参加者を個人名で呼べるベテランで、全員が感心していました。
一日目は東京から鹿児島への移動でした
(5月17日(土))
東京駅を12:37発の新幹線で大阪へ行き、大阪南港から「サンフラワー号」の船中泊で鹿児島の志布志港へ。
サンフラワーの一等客室(ツイン)にはシャワー・トイレが有ります
桜島は40年振りです。40年の岩の風化で畑が増え人口も増えている様に感じましたが、道路脇に石ころが多いのは変わりません。 鹿児島市が島津家別荘を「磯庭園」として開放。此処で昼食を摂りました。園内に反射炉まで置かれています。
(5月18日(日))
バスで桜島へ渡り、更に鹿児島市内の藩主・島津の別邸「磯庭園」で昼食。更にバスで「阿蘇の大観峰」を巡り、別府に近い、黒川温泉のホテル泊。宿泊者は、温泉街のどの風呂へも無料行ける(木製の)パスを呉れる。
数日前のクラス会では雨でした。今回は曇天です 湯布院の喫茶店の窓から春紅葉と新緑が綺麗でした
黒川のホテルでは、町内の凡ての露天風呂への通行手形を呉れ、バスで送迎します。 湯布院の素晴らしい宿の門で
(5月19日(火))
湯布院の街を自由散策。門司へ移動し、レトロ市街を散策。関門橋を渡り湯田温泉に宿泊。    
今回は曇天ながら、雨には遭いませんでした。
(5月20日(水))
岩国・錦帯橋を見学し、更に、しまなみ海道(橋)を渡り、生口島で休憩。耕三と言う成金が、実母のために造った「耕三寺」を見物しました。金ぴかで、地獄絵など並べていましたが、父親への感謝はどうなって居るのでしょう?あほらしい寺でした。今夜は琴平温泉に宿泊し、明日785段の石段を登って金毘羅さん参りに備えます。HOME
ご存じ錦帯橋。左の二橋は架け替え工事が終わったばかりで下から見上げると、昔の高度な技術に魅惑されます。 耕三寺には1/2サイズの平等院があり、人口の鍾乳洞の中は仏像で一杯。
(5月21日(水))
参加者の内、6名は金毘羅宮の階段を敬遠しましたが、私と家内は元気よく、とっとと登ることが出来ました。本宮では一部工事中で削岩機の音が響き渡り、石段の途中は、大口寄付者の碑がずらずらと並んでいます。ああ、このお金を貧者の救済に使えぬモノか、新技術の開発に使えぬモノかと思います。
瀬戸大橋を渡り、倉敷・美観地区で、自由散策でしたが、私達は、大原美術館を堪能し、近くの食堂で美味しい「釜揚げうどん」を食べて、ホットしました。この日は城崎温泉泊でした。
 《日本一周の旅》その−2 へ続きます。HOME