九州大学工学部・機械工学科28年卒クラス会+AHOME

 2008年5月8日(木)〜9日(金)(旧制)九州大学工学部・機械工学科28年卒のクラス会を「海の中道」の「ホテル休暇村」一泊で開きました。香月健一郎さんが世話人として活躍し9日には、懐かしい母校の移転先を訪問し現職の教授・準教授の案内を頂きました。大凡を報告します。 羽田から日本航空で福岡に向かいました。幸い新しいターミナルからの出発となり、お上りさん宜敷、下の写真を撮りました。HOME
 搭乗口の椅子に荷物を置いて、ぶらぶらして戻ると、荷物の傍に座って居るのが同級生の柴田君で驚きました。お互いに安心して福岡へ出発です。博多駅から予定より1本早い列車で、玄海国定公園内の西戸崎駅に降り立ち、タクシーで宿(クラス会会場)に着きました。
フロントに集まり始めた級友↑ まずは会費の集金↑
 幹事さん、ご苦労様 地震後の再建で比較的新しい
 宿は、海の中道の先端にあり、風光明媚で知られていますが、生憎の曇りで、玄海島以外は霞んで見えません。若い母娘が散歩しているだけで、静かな海岸です。浴衣に着替えて風呂に入りました。湯は塩水で、効能書きが有りませんから、海水かも知れません。宴会後、予備室で今後のクラス会のあり方などを話し合いました。全員が後期高齢者です。
 翌日、マリンライナーで福岡(ベイサイドプレイス)に移動、ロボット館を見学し、九州大学のバスの出迎を受け、九大の新キャンパスに向かいました。HOME
左上から、渡し舟 =ボート >> ベイサイド・プレイス >> ロボット館*2葉

 左の懐かしい画像は、九大のホームページから無断借用したものです。

 左下は新キャンパスのレイアウト。

 学内見学に先立って利用した学生食堂では、安くて安くて!昔の学食と比較にならぬ品揃えです。

 コンビニや銀行まで有るのに時代の格差を実感しました。これが無ければ学生が集まらない?

 先ず学部長の挨拶を受け、更に、Power-pointを使った動画で、学園組織や研究の大凡の説明を受けました。教室の学生用机の凡てにパソコン接続用コンセントが有り、 授業中の学生が何を見るのかなぁと考えさせられました。 
 機械工学科の高松教授などの案内で懐かしいながら変革しつつある実験室などを見学しました。 水素脆性の研究や疲労破壊の研究は、ガソリンから水素へ移行しつつある将来の内燃機関や容器に、絶対的に必要な技術と思われ、心強いことでした。 
 しかし、吾々が使っていた懐かしい大正時代製造の工作機もまだ働いていました。

 話が長くなりすぎるので、此処らで九大工学部の見学報告を終わります。HOME

******************************上山田小学校の級友と***************************

 翌日5/10日は小学校3〜5年生時代の親友から、会いたいとの年賀状を受けていましたので、嘉麻市上山田へ行きました。途中の駅まで級友小林さんが出迎えて呉れるとのこと有り難く了解しました。しかし、タクシーの利用で恐縮でした。上山田に着くと、自家用車で松岡さんと有江さんが待っていて、昔の懐かしい場所を案内して呉れましたが、大きな落差に驚くばかりで す。 嘗て吾が住処だった場所に近い橋から撮ったパノラマです。継ぎ目にミスがあります。

 目の前にあった小学校(生徒数は3000人以上で、校歌では「吾等四千・上山田」と歌いました)は消えています。懐かしい奉安殿やボタ山は見えません。教えて頂いた先生方も殆どが過去帳の人になられたそうです。
 町一番の旅館で、贅沢な昼食を頂きました。4年生の時この旅館の お嬢さんが美人の同級生だったことなども話題となりました。
 小学校時代は戦時下で、特別なに楽しい想い出は無い筈ですが、自転車で町中を走ったり、近くの川に水泳に出掛けたり、私は、蝮を捕まえ退治したりと、顔を合わせることで、少しずつ少年時代が蘇ってきます。炭坑が次々に閉山して川が美しさを取り戻しているのは嬉しいことです。
 松岡さんがドイツの炭坑で働いたことも、初めて詳しく聞くことができました。3人の同級生が揃って堂々とし生きて来られたことを実感する、楽しい時間を与えられました。
 帰宅数日後、来年は温泉旅行でもしたいものとのハガキを受け取りました。元気で来年の春を待つこととしましょう。HOME

 母の生家に近い篠栗の南蔵院に釈迦入寂の像が有ると聞き、駅に近いと言うことで、4人一緒に立ち寄りました。胎内巡り(八十八カ所巡り)もさせて頂きました。以上、感謝感謝の連続でした。HOME