La Vista 伊豆山の1泊HOME

 2019年1月20日頃、突然、Nさんの奥様が「メモ」を持って拙宅に来られ、Nさんご夫妻、(Aさんご夫妻と是松夫妻、友人3家族で、「ラビスタ伊豆山」というホテルに一泊の予約を入れたいとの事である。それも1月31日(金)〜2月1日(土)と気ぜわしい連絡であった。

 ネットで「ラビスタ伊豆山」を見て、かなり高い場所に有るらしいと判った。La Vista はラテン語で、英語で言えば the view =景色、風景である。従って此の宿は景色が良いのかも知れぬ、と期待感を持つた次第。
 
実は、1月27日(日曜日)の夜、NHKテレビでテニスのの実況放送があり、「大坂なおみ」の健闘を、左眼黄斑変性で有ることを忘れて、真剣に右眼で一球一球追いかけ、確かめ、勝利を見届けてから、就床し、(顎を上げて)首を真後ろに曲げた時、突然、天井がグルグル回り始めた。数回の深呼吸で何とか収まりまつたが、翌日の夜も異常。火曜日に近くの耳鼻科で検査を受け、良性のめまいと診断され、処方箋を出されやっと治つた処である:

 1月31日(金)11時戸塚駅を出て熱海駅に11時45分ごろに到着、勝手知ったる駅ビル2Fのベーカリーで、昼食を済ませました。ホテルの送迎バスに1時半頃に乗車、バスは客席が15ほどあり、中年の運転手は、駅を出ると、左折、即ち、東に向かい、更に左折、狭い径を元気よく昇って行く。途中すれ違った車は2台のみでありました、

 ホテルの前は狭く、熟練の腕で美事にバックして、客を降ろし、スーツケースを降ろして呉れた。此れも狭いフロントでチェックイン、
 緩い階段を8段ほど下りたら、歓迎のドリンクが有りますと云われるまま庭の小さなプールと噴水を見ながら、セルフサービスで林檎ジュースを貰った。しかし、私のコップに洗剤が残っていたのか?飲んで直ぐ少し気分が悪くなった。この悪い気分は大事なく、30分程で解消、その後の行動に異常は出ませんでした。
 与えられた五階の部屋からのVistaは狭いV字に挟まれた太平洋でありました。

プールは、浅いので、大人が泳ぐことは不可能 部屋の南面からの景色

 部屋に入って驚いたのは、此の建物がマンションとして建築された物件であることで、売れなくてやっとホテル用に内装した物であることでした。下足入れ、小さな洋式寝室、トイレ、洗面ー浴室、の一番奥に可也広い板張りの部屋があり、その板張りの中に八畳の和室がしつらえて在った。

 夕食の予約は五時半としたので、大きくはない「大浴場」でゆっくりと身体を洗い、暖まり、湯上がりのシャワーを使って身を清めた。昔昔、勤務先のゴルフ場建設で、公衆浴場には必ず1個、「湯上がりシャワー」を設けることが義務づけられると知った。皆さんが、石けんを使って髭を剃ってシャワーホースで身体を流すのは、浴槽に入れるお湯の一部を回し使いして居るのである。
 この浴場に泉質の表も無い:顔や目に掛けるには、更衣室へ上がる前に「湯上がりシャワー」を使うべきなのです。

部屋に戻り、静岡市から参加のAさんの部屋に伺って、近況などを語り、お互いに老人になることは、自分だけに留まらず、大変なことであると実感しました。

 五時半にフロントから階段を下りた、食堂に行き、指定された席に付きました。食事は「ちり鍋」です。そしてセルフサービスの台には、全品を味わうのは難しいほど、多種多様の材料が並んで居ます。
 酒類は別料金です。飲んでいる人は一人です。誰か判りますね。

 六時半頃に夕食を終えて、一番見晴らしの良い私共の部屋に集合して頂きました。此処で飲み物とおつまみで、2時間近く、近況報告や孫の話になりました。
HOMEもう一度大浴場に行ける位の時間に解散しました。外は可也り強い雨が降ってきました。

 10時半にはベッドに潜り込みましたが、学生寮のベッドの様に、スプリングの無い堅い、狭いベッドです。足元の掛け布団が、強く折り込まれていて、寝返りが容易ではありません。
 私は遂に一睡も出来ぬまま朝を迎えました。Nさんは、ベッドで眠ることが出来ず、深夜に畳敷きの部屋に移動して布団を敷き3時間程度眠れたそうです。
 朝食はバイキング式で和食・洋食好きなものをとりました。

帰路の電車で居眠るかも知れぬと思って居ましたが、豈図らんや、車内をバッチリ動き回って居る自分がいました。HOME