伊豆の稲取一泊HOME

 2018年2月9日(金曜)10時25分、私と家内は戸塚駅で中村さんご夫妻と待ち合わせて、熱海に向かいました。熱海駅を出て駅ビルの中華で昼食を済ませました。芦沢さんご夫妻とは伊豆急のホームで会うこととなって居ます。
train
東海道線下り線の車内は空いています。      下は車窓風景です。
shasou1 shsou2
下は、駅ビルの吹き抜けを2階から見た空と天井を写した、不思議な風景です。
ekibiru
 芦沢さんご夫妻とは伊豆急の車内で出会いました。鈍行で、ウイーク・デイで座席は空いています。
稲取駅からホテルのシャトルバスで今宵の宿「銀水荘」に3時前に到着しました。
 501号室は西日が斜めに差しこみ、暖房を入れずとも温かです。外は寒いので明るい内に風呂に行きました。寒いながら外湯も悪くありません。
 但し、湯は温泉水ではありません。単に海水を濾過して沸かしただけの温水です。
 5階の部屋からの風景は良い方だと思います。下は夕刻の景です。HOME

夕食は、午後6時に、8階の曲水の間に用意され、三家族が一緒に頂くことが出来ました。曲水の間に入ると、既に卓上には、料理のほぼ全品が並べられて冷えていました。
メニューにはローカルカラーを出した品が沢山ありました。細かなメニューは無く、間違ったメニューを貰った人も居ました。(間違ったメニューは女中に取り上げられただけです)
 
 卓上のヒータで温める料理が三〜四皿もありました。従って、ところ狭しの状態となり、アテンドのお女中は忙しげで、食べる吾々のゆったり話す時間が削られた感じがします。アテンドのお女中との会話(すなわち、指示と受け答えなど)は充二分にありました。
 7時半に、食べ終わったら直ぐさま、廊下への襖が開かれ、暖房も止められたので、仕方なく全員、各自の部屋に戻りました。味気ないことでした。調理場と食事会場とが、余程離れているのでしょうか。
dinner
雛をあしらった皿は、吊し雛の発祥の地らしい演出です。
 女性3人は部屋に集まり、よもやま話をされていましたが、男性は体調の悪い方も出て、集まることはありませんでした。HOME
 2月9日(金曜):朝食会場はバイキング・スタイルでしたが、なかなか立派なものです。パンの種類も豊富、和食メニューも沢山の品、欧風メニューも豊富でした。一杯ずつ豆を挽いてだすコーヒー・サーバーもとても美味しいもので、思わず2杯を頂きました。この宿には、夕食を外で済ませて、一泊朝食付きで利用されるのがお勧めです。 従業員のアテンドも全般的には優秀です。
carps

フロントの奥にプールがある鯉が沢山飼われています。客の遣る餌が多いらしく、肥りすぎです。
hina1
鯉の池の奥に、七段の拙句飾りが用意され、静かな雰囲気を醸しています。
waterfall 3
ホテル自家製の滝 ひな壇の前の3家族6名:少し疲れてチーズ。
HOME 出立の前に全員揃って写真を撮ろうとしたら、従業員が撮影専属となって、客のカメラの
シャッターを押して呉れていました。良いサービスだと感心しました。帰路は、熱海駅ビルのパン屋さんで軽食を採りました。戸塚駅に午後3時ころに着いたと思います。
 河津桜を見る心算でしたが、未だ寒く行くのを諦めました。あとで聞くと、未だ一分咲きだそうで、諦めて良かったです。