2016年6月三家族「箱根ホテル」
home

 2016年6月27日、久し振りにNさんのお誘いがあり、Nさんご夫妻、Aさんご夫妻、吾々夫妻、の6名で箱根一泊の旅に出ることになりました。亭主の年齢差は10歳以上あるかも知れませんが、女房 族の友人関係から始まった小旅行もほぼ、15回目になります。
 箱根ホテルは、有名な「富士屋ホテル」のチェーン経営で 、大浴場はやや粗末ですが、部屋、食堂、フランス料理、喫茶、庭園など非の打ち所が無いと感じました。天気が良ければ、庭が結婚式のチャペルにもなります。
 さて、私達とNさん夫妻が、小田原駅に着いたのは11時半過ぎ。駅構内の魚料理店で昼食を済ませ、ホテルの送迎バスが出る午后2時まで喫茶店などで待ちました。バスは懐かしい「旧国道1号線」を昇ります。
 昔、東名高速道路が出来るまで、トラック・乗用車など名古屋方面への車のほぼ全てが通っていました。 バスで通るのは初めてで、崖の植生の深緑が印象的でした。許されれば、芦ノ湖、箱根を一望する大観山に立ち寄りたかったです。
小田原城の最初の城主、北条早雲の像 上はJR新幹線、小田原駅のホーム
鮮やかな緑に囲まれた、旧東海道1号の沿道 好天で眩しい緑
ホテルに2時半頃に着きました。部屋からの景色も見事で、早速庭に出て4〜5枚の写真を撮りました。天気は急速に下り坂です。
 大浴場でジェット水に身を打たせ露天湯で身を温め、午后7時の夕食までテレビをみて過ごしました。夕食は、久し振りの本格的なフレンチで、ウェイターもウエイトレスも気持ちよくアテントして呉れ、6人の近況報告に始まった会話も弾み、素晴らしい2時間でした。
 食後、Aさんの部屋に集まり、ワインを抜いて、また1時間ほどがやがやお喋りを続け、就床は11時頃になりました。枕が高すぎて、首が安定しませんでした。そして5時半に目が覚めたら外はざあざあ降りの様でした。
 朝食の後、チェックアウトし、6人の写真を撮り、清水からのご夫妻は家庭の用事があり先に路線バスで発つので、集合写真を撮りました。吾々とNさん夫妻と4人は、雨の中箱根関所跡を見学しました。
食堂の受付の人にシャッターを押して貰いました 背面は食堂で、芦ノ湖を見ながら食事が出来ます
今回の訪問で関所の入場券が安い、資料館が充実して居ることに気づきました。雨は加成り(約5−10粍/時)で足許は濡れました。資料館はバスツアーの人々と一緒になり混み始めたので、早めに外(江戸口)に出て、麺類で昼食を済ませ、ホテルに戻りました。
番所のお頭 竈を炊く女性
足軽の休憩所 旅人に足を洗わせてから、取り調べた様です。
旅の小道具は今と同じようなもので、方向磁石に驚き 草鞋や脚絆は沢山の数を持参したことでしょう
 ホテルの喫茶室でバスの時間まで待ち、預けてあった荷物を受け取り、午后1時発のバスで、帰路に就きました。小田原に着いたころに雨は上がり、2時半に戸塚駅で下車、わが家に無事帰りました。
 梅雨の時期、高級ホテルを経済的に利用した旅ですが、矢張り雨には叶いません。老人は疲れが遅れて出るので、今、2016年6月30日午前10時です。home