町内会で千葉日帰りの旅home

 2016年11月27日:平戸一丁目町内会恒例の日帰りの旅に参加しました。朝から空模様が怪しいので傘を持つべきかと案じましたが、荷物が増えるので手ぶらで出掛けました。そして、幸にも千葉で行動している間、雨は降らずに済みました。
 毎年、町内会の役員の方々は、旅行日の決定、旅行社の手配、訪問先の決定、車内の愉しみのビンゴの賞品の購入・袋詰めなど、苦労されて居り、感謝して参加しています。今年は、私が旅行中出来事をメモした手帳を紛失した事をたった今気付きました。
 従って、以下は写真を並べる程度になります。久し振りにベイブリッジとつばさ橋を渡り、「海ほたる」に直行し、更に千葉へと上陸しました。
バスの中は、キャバレーの様なシャンデリアが点り、三原色の蛍光灯?が点っています。写真は旅行社の人の様です。ガイドは、高齢のおばさんで、記憶した口上を次々に披露しました。
ウミホタルでは空が明るくなってきました。千葉では、先ず「小松神社」の紅葉祭を訪ねます。バス の駐車は県道なので、バスを降りて700メートル位歩きました。
此の神社の「もみじ祭」は今年が第一回とのこと、吾々は試運転の車に乗った様なものです。
さて、此処からアロハガーデンたてやま(旧・南房パラダイス 動植物園)へ向かいました。何故館山を「たてやま」と書くのか不思議です。
訪ねてみると、子供のひろば、数個のドームを繋いだ「熱帯植物園」など更に、(予約が必要ですが)全天候型のステージでフラが楽しめるらしく、吾々の到着を待って、フラダンスのショーが行われました。
熱帯植物園はこれまでに見た5カ所の中で最大で、熱帯の小鳥のドームもあり、立派でした。
ドーム内は写真機のレンズが曇る位の温度と湿度が保たれています。
これは小松神社の池:何せドーム内の写真は少ないにです  
フラダンスが始まる頃空から雨粒が落ちて来たので、ステージの前に座りました。

フラダンスの .aviファイルは、スマホで見えないことが判り、削除しました。

 ハワイアンズから出て、昼食会場の旧鳩山邸に向かいました。
鳩山荘・松庵は鳩山一郎氏の別荘として建てられ、後に館山市に寄付され。国民宿舎などが増設され、経営難から平成12年に民営化され、鳩山荘・松庵としてリニューアルオープンしたそうです。ホームページは品が良いがPR性に欠けていると思いました。
home
出された和膳は品数も内容も立派で、写真に残さなかった事が悔やまれます。庭を歩きましたが、手入れは充分とは言えず、屋根に雑草が生えていたり、雨樋が壊れたままだったりで、もっともっと食事・宿泊などのPRに勤めて欲しいと思います。
クリックするとホームページが出ます。 上の写真3葉はホームページから借用しました。
此処から「お買い物」に移動した先は「房総四季の蔵」でした。余り広くはありません。野菜の棟と魚の棟がありました。足湯の他に銭湯があるのに驚きです。
 広い無料の足湯棟には7〜8人の人が居ました。脚を拭くタオルを持たない私は、入りません。
私は熱いコーヒーを買っただけです。家内は野菜・干物などを中程度に買って戻りました。
雨が降り出して来ので、
午後三時ころ、バスが出発。ノンストップで、横浜・戸塚区・平戸のパークタウンまで走りました。降車時は、雨が加成強く降り、小さい傘を片手に、走って我が家に飛び込み、トイレに飛び込みました。乗車直前にコーヒーは駄目ですね。ENDhome