箱根芦ノ湖畔「竜宮殿」と「彫刻の森」home

ブロックされているコンテンツを許可して下さい
 2015年2月12日(木)、午前中の俳句の会を終えてから、戸塚駅へ、小田原駅午後4時10分発のプリンスホテルの送迎バスを利用し、初めて龍宮殿に向かいました。到着は午后5時の少し前でした。家内は、 中村さん、芦澤さんご夫妻と先に着いて待って呉れていました。 与えられた1階の部屋は広い和室で、大きな窓があり、夕刻の光りの中に芦ノ湖と富士山を望むことが出来ました。 大浴場も広々して満足でした。夜、11時頃には窓から見上げる空には、都会では見ることが出来なくなった星が沢山輝いていました。
 食堂は畳の大広間で、座椅子と座布団を使いましたので、大いに窮屈でした。食中・食後・3家族が近況などを、ゆっくりと語り合うことが出来、毎度ながら「老の生活法」の勉強になります。

 翌日2月13日(金)、同じ畳の食堂で、やや窮屈な朝食をとり、宿の外からの富士を撮ろうとしましたが、部屋から見る富士に勝る写真にはなりませんでした。撮れた写真を下のパノラマにしました。

   箱根芦ノ湖・湖尻の龍宮殿からの眺望を貼り合わせエンドレスにしました 2015.Fev.13 朝7時半  高速 低速    



 
 龍宮殿から箱根プリンスホテルまでは送迎バスを断って徒歩で移動し、男共3人に家内を交え喫茶店「山法師」で贅沢な朝のコーヒーを愉しみました。10時半に大きな送迎バスで、小田原駅まで送って貰いました。乗客の8割は中国か台湾の人でした。
 小田原で芦澤さんご主人は母堂のショートステイからの帰宅に間に合う様に、独り帰宅の列車に、残る5人は、箱根登山鉄道で「彫刻の森」まで、トロトロと移動し、午后1時半に入場しました。冷たい風がピューピュー吹き、寒い中を歩きました。私は昨年秋にわざわざ写真を撮りに来ています(特撮館を参照して下さい)。目新しい展示は有りませんので此処では4枚のみ紹介します。冷たい空気の為かカメラの調子も悪かった様です。
 印象的だったことは、この旅で出合った中国か台湾の方々か分りませんが、皆さんが大変マナーも良く親切だったことです。箱根登山電車でもケーブルカーでも、我々高齢者に必ず席を譲ってくれました。私達のこれらの人々に対する印象は大いに変わり反省もしました。
彫刻の森を出て、駅前の蕎麦屋で、饂飩や蕎麦などの昼食を摂ったのはもう2時を過ぎていました。登山鉄道で芦澤さん夫人と別れ、横浜組は横須賀線で帰りました。未だ明るい内に帰宅できました。私共は疲れて入浴せず、軽く食事を済ませ、芦澤さんのメールに返信して就寝しました。次の国内旅行の機会の再会を願っています。home