美食 & 殿ヶ谷庭園・千鳥ヶ淵・六義園home

 旅は人生のスパイスと考え、刻折りツアーに参加して来ましたが、2014年の初めてのツアーが「4月3日、雨の中の「美食&殿ヶ谷公園・千鳥ヶ淵・六義園」日帰りツアーになりました。横浜駅からバスが出たのは午前10時 。乗客は23名。既に雨の中、首都高速道路を経由、国分寺駅の近くを通って 、国定指定名勝とされる「殿ヶ谷戸庭園」までひたすら走りました。昼食までの時間を過ごすためです。途中、車窓から見た桜と庭園の写真をご覧下さい。
庭園の航空写真などは、メニューの「GoogleMap」を開き、右下検索欄に(35.699233, 139.481852)と入れて下さい。



湧水がありこの「次郎弁天池」に注いでいます。
萩のトンネルはスカスカでした。
資料館で俳句を2句を投函しました
 11時半に集合して小金井の高級フレンチで知られる「寺子屋」 へ移動しました。オーナーシェフの間さんは3代目で、画家だった祖父が昭和29年にフランス料理店としてオープンさせました。料理は一流で、あっさりした味には 、隠された多彩な調味料やソースが存在するのでしょう。前菜から魚料理も肉料理も皿の上の物は残さずにいただきました。2ヶ月に一度は必ずメニューを変え、一度出したメニューは二度と出さないという話。価格帯:¥15,000〜¥20,000。昼は12,000円からです。


寺子屋のホームページから。右手前がダイニング
右の写真は当日、雨の中の庭からダイニングを見て。

近くの寺院が的確jな借景とされています。
右の写真は当日、雨中の庭。

 食後、千鳥ヶ淵に向けて走りますが、4時半ころやっと着きました。薄暗い雨の中、武道館での某大学の入学式の終了時刻と重なり、駐車場は満杯、千鳥ヶ淵を30分、濡れながら歩きました。
  5時15分再集合、六義園のライトアップされた枝垂れ桜を見に行きました。入り口で走るサラリーマンにぶつかられ、傘の骨は曲がるし、園内の足許はびしゃびしゃで、バスに戻って添乗員に「死の行軍」だったと報告しました。灯りが灯されていた園内の茶屋は目の前で閉店になりました。
 湿って靴下の貼り付いた左足の踵には真っ赤な豆が出来ています。乗客の一人から戴いたテープを貼って何とか凌ぎながら横浜に到着しました。家に着いたのは午后8時頃と思います。home
園内の茶屋を望む。home