2012−2013年末・年始の旅(その1)
げいび渓、津軽鉄道、八甲田ロープウェイ、本州北端、中尊寺

2012年12月30日、横浜駅西口を午前8時に出発、2013年1月3日、午後7時帰着のバスツアーに参加しました。 昼食はサービス・エリアで買ったパンを車中で摂り、「げいび渓」に着いたのは午後3時でした。げいび渓の「げい」は難しい字なので、文中に書いても表示出来ないので下の写真をの中の文字をご覧下さい。げいは獅子を意味する様で、なかなか風光明媚な渓谷です。
バスの中の昼食風景 試しに、此所に「猊鼻渓」と入れます
案内人が自慢のげいび音頭を唸って呉れました 鴨の一種です。舟の中で水鳥に与える餌を売っています
 げいび渓を出ると薄暗くなり、バスは厳美温泉に向かいました。宿は「いつくし園」と言う和風旅館で、宿の玄関で靴を預け、スリッパとなります。和室の部屋の前でスリッパを脱ぎますが、トイレも洗面もそのまま素足では行けず、またスリッパを履かねばなりません。何とも吝臭くて、狭くて、汚い宿でした。夕食時に餅搗きショーもあり、宿としては精一杯なのでしょう。皿数ばかり多い料理も満足とは言えませんでした。
12月31日、宿を8時に出発。黒石と言う町で早めの昼食は、簡素ながらローカル色のある軽いきのこ鍋でした。旅行者が求める食事は皿数ではない、郷土の味だとつくづく思います。ここから、五カ所河原の「立ねぶた」の館を見学しました。この「ねぶた」の文字もホームページでは使い難い難しい字です。しかし、素晴らしい大型のねぶたは一度は見たいし、祭りにも来てみたいと思わせました。
午前十時と言うのに夜の様です 2車線が1車線になっていました
 移動中も雪と風の中で「立ねぶたの館」の近くで下車してから館まで歩くのが大変でした。そのあと津軽鉄道のストーブ列車に乗りましたが、外は吹雪です。窓から粉雪が舞い込みます。ストーブ列車は、乗車した途端に、焼するめの匂いが鼻を突きます。お客に烏賊するめを売り、ストーブで焼くからです。この車両は夏季には使えないほど臭いそうです。
 金木駅で途中下車して太宰治の「斜陽館」を訪ねました。昔は屋敷の中に銀行まで置いていたそうです。相変わらず強風で、広い屋敷は寒々としています。太宰治がこの地を去り、東京へ出た気持ちが判る様でした。
東北自動車道経由、バスも一時はタイヤチェーンを着けて十和田湖畔の十和田荘へ向かいました。夕食は正月料理でしたが、狭い食卓(机)の配置に少し驚きました。

その2へ進む_NEXTNEXT