2012−2013年末・年始の旅(その2)
(げいび渓、津軽鉄道)八甲田ロープウェイ、本州北端、中尊寺

2013年1月1日:今日はロープウェイで八甲田 山頂まで昇る予定です。ホテル「十和田荘」を8時に出発、「八甲田・山麓駅」に向かいました。元日らしく薄日が差す朝でした。それも永くは続かず曇りになり、時々日が差します。
ロープウェイの「八甲田・山麓駅 」では、気温−7度程度、風速2〜3m/sで平穏でした。す。20分ほど待って容量101人のゴンドラに乗りましたが、窓ガラスの内側に氷が張り付いて、外が良く見えません。頂上で樹氷林を見たいと混雑のゴンドラで手摺に捉まり15分で頂上駅に降り立ちました。ところが、駅から外に出ようと戸外に出ると、猛烈な風で立って居ることも困難でした。スキーヤーやスノウ・ボーダーも外に出るのを躊躇って居ます。仕方なく20分後の、次のゴンドラに乗って下山する羽目になりました。
 下山の途中で、気を取り直して、窓ガラスに張った氷を掻き板で掻き落とし、カメラを構えました。
上=平穏な山麓駅  下=山頂駅を出る直前 下はスノーボードを持った人。その左の壁は頂上駅
途中2本の支柱がありました 途中で樹氷林を見下ろしました
先には青森湾が在るのですが、見えるのが其れか?
山麓駅でお土産屋を覗き、小休止して、バスで青森港へ向かいます。湾を下に見る食堂(会議室を臨時食堂として)で海鮮丼を摂りました。食後、バスは寒風の中を下北半島の北部、薬研温泉へ走ります。途中「横浜町」が有り、其処にサンシャインと言う 「道の駅」が有るのでした。近くにJRの横浜駅も有ると聞き、なるほど、時刻表を検索する時、吾が街の「横浜駅」以外にもう一つ横浜駅が在ると気付いて居ましたが、此所だ!と吾が膝を打ちました。下はその風景= 確かに「トラベルプラザ・さんしゃいん」の看板があります。

バスは海辺の道路、山の道路をひたすら走り、鄙びた町のホテル・ニュー薬研に到着しました。 此所も日本旅館です。「ホテル」の定義を確立しない日本の観光産業業界と官庁は、世界の観光事から見放される懼れがあります。但しこのホテルの寒い露天風呂は川を望み、樹氷を眺め、野趣一杯でした。
その(3)へその(3)へ