2012−2013年末・年始の旅(その3)
本州北端、中尊寺  

2013年1月2日:薬研温泉でビュッフェスタイルの朝食、本州北端の大間崎へ向かいます。人気の少ない「むつ市」を抜け着いた大間岬では、 マグロの像や本州北最端の碑などが迎えて呉れました。
宿の廊下から庭を見る。大きな氷柱に思わずシャッター 庭のバスは雪の中
逆光ですが「ここ本州最北端の地」と刻まれています 雪は小康状態でした
近くの灯台。北海道が見えます 1月2日に、既に開店の気配があります
この最北端の地から東、尻屋崎方向に走ります。此所、東通村にはアタカ牧場があり、寒立馬が保護されています。「アタカ」の名が何処から来たのかは、判らず仕舞いでした。 運良く10頭ほどの馬を見ることが出来ました。
 一頭の馬の鼻を撫でようとしたら、いきなりその馬が私に頬をすり寄せて来たのには驚きました。 雪が深く30cm以上積もっていましたが、さらさらした雪でべと付かないことも驚きです。此所から「むつ市」へ向かい、物産館の2階で簡単な海鮮丼の昼食、 1階で買い物となりました。いよいよ最後の宿・八幡平ロイヤルホテルへ向かい雪道を疾走します。宿はしっかりしたホテルで、ホットしました。
夕食は食卓に溢れるほど大皿小皿でした。大浴場は使わず、部屋のバスで済ませました。
2013年1月3日: この旅の最終日です。平泉の中尊寺・金色堂を訪ねます。
経堂の中から雪景色 中尊寺は此所です
以前、中尊寺に来た折には、金色堂を拝観し、食事をしただけで、肝心の中尊寺を見逃していました。 駐車場まで歩くと、更に仏閣や講堂がありました。下はその一つで、地蔵堂と思われます。枝の雪が綺麗でした。


 無線ラジオのイヤフォンを借りて宝物殿を見学し、中尊寺門前商店街に着いた時は、集合時間、丁度の11時半でした。慌ただしく鍋物を食べ、バスの最後の乗客となりました。今回の旅では、私が最高齢者と推測し5日間の内4日間は最後部席に勝手に座らせて貰いました。 多分歳が見た目で判って頂けたか思います。
クラブツーリズム添乗の吉村知美さん、二人の運転手さん、ご苦労様でした。機転の利く方々のお陰で、予定時刻から1時間しか遅れずに横浜駅に戻りました。タクシーで帰宅、荷物を開き風呂のあとその日の内に、年賀Eメールを発信しました。翌朝ホームページの表紙を1月号に出来ました。お疲れ様。 書き上げた今日は、1月9日です。