寒中の伊豆下田に一泊して

 2012年1月26日(木)
 前日ご近所の中村ご夫妻に誘われ、午前10時12分戸塚駅発の東海道線・普通列車で熱海へ、駅構内で昼食を摂ろうとしたら、構内の軽食堂は工事で閉鎖中、切符は「下車前途無効」で、やむなく駅弁を買って、下田行きの普通電車に乗りました。此が期せずして「黒船号」で進行方向の左に向いて座席が設けられており、海岸風景を見ながらの食事となりました。
 熱海からは初島が、その先は大島が風景の主役です。熱海を出た時から、車両席の2/3は空いていましたが、富戸から先はほぼ貸し切りでした。 
三浦半島が見えなくなると、雪の積もった伊豆大島が顔をだします。電車はほぼ貸し切り状態です。
 午後2時15分に終点「伊豆急下田駅」で下車、駅から2分と云う(実際は5分)のケーブルカーで「寝姿山」に昇りました。寒緋桜が綻びかけていました。

 午後3時発の伊豆下田プリンスホテルの送迎バスでチェックイン、全室から海が見えるホテルで、部屋もまあまあと云うべきでしょう。最近のプリンスは庶民的になりました。大浴場で海を見下ろしながらの入浴は格別です。夕食もお値段からして満足でした。夜空に星も見え此も満足。室温が高すぎて寝苦しかったのが残念です。
2012年1月27日(金)6時半に起床して、夜明けを待ちました。
上はgifアニメーションです。 日の出
 朝食後、付近を散策しました。
テル発9:20のバスで下田駅に移動し、下田の町を散策しました。下田には何度か来たことがありますが、散策は初めてです。下田港に上陸したぺりー提督に纏わる歴史を持つ寺や、お吉に纏わる道路などをそぞろ歩きしました。
駅前で安くて美味しい魚類中心のランチを摂り、午後2時39分発の黒船号で帰路に就きました。