top
京都で過ごす年末年始

12011年12月31日:
 東京駅丸の内北口に9時集合に始まるクラブツーリズムの四季の華「知恩院の除夜の鐘と八坂神社」に参加しました。バスは新宿で次の客を拾い、 客の合計20人+ツアーディレクター+ガイドさん+ドライバー太田さんが9時45分、東名高速経由、一路「大津プリンスホテル」に向かいます。昼食はバスの中の弁当です。富士山も見える天気でしたが、西に走るにつれ雲がかかり、雪を冠った伊吹山の頭から雲がとれることはありませんでした。
多賀や恵那峡と云うSPAで下車したのは初めての経験 バスは23名乗りでトイレも付いています(私は使わず)
 新幹線からもよく見える「大津プリンスホテル」は四角タワーと思って居ましたが、円筒の一部を切り取った形でした。 全客室から琵琶湖が見える様に設計されています。 隣に半円形のコンベンションホールがあり此処で大晦日としては、全くお粗末なバイキング・スタイルの夕食でした。
 午後4時頃到着したホテルで早めの夕食を摂り、午後10時、再集合して知恩院に向かいました。除夜の鐘を突くところを見学するのが目的です。寒い夜中に約1時間立って待つことになりました。 しかし、それだけの価値がある光景を見ました。
寒さの中辛抱強く待ちます テレビ局の取材らしいヘリコプターがうろうろして居ます
 薄暗い知恩院をでて、隣の八坂神社に行きます。此処は「をけら詣」で有名です。此処も大変な混雑で、をけらの火縄を売る人が、数人、懸命に売っています。自宅に持ち帰り、竈の火種にするそうですが、くるくる回していないと消えて仕舞います。自宅には竈の無い現在、危ないので火種をとる人は少ないのです。
暗い中で全員が無事にホテルに戻ったのは12時5分過ぎでした。
上は火種をとる処 下は火縄のサンプルです(解説して呉れるガイドさん)
人混み、人混み、迷子になりそうです お賽銭を頭越しに投げる人もいます
12012年1月1日:
 早朝にカーテンを開けると、雲間から旭日が顔を出す程度ながら、初日の出を拝むことが出来ました。8時過ぎに、最上階のレストランに行きました。入り口で屠蘇を頂き、テーブルに案内され、それなりのおせち料理を頂きました。京都だから特別に上等と言えるほどではありません。琵琶湖の半分以上が見える場所です。今日は嵐山で 天龍寺、渡月亭での昼食、伏見稲荷参詣です。天龍寺の石庭は有名ですが、元旦は寺の行事があるとのことで立ち入り出来ませんでした。

 渡月橋を徒歩で渡って渡月亭へ行きました。渡月橋は私にとって嵐山では一番良い風景です。
昼食は悪くはありませんでしたが、記憶に残るほどの料理ではありませんでした。
  さてさて、伏見稲荷へ観光バスは進入禁止です。指定された駐車場から、阪急とJRとの2つの踏切を渡って歩きます。驚きました。凄い人出です。しかも屋台が出放題と思われる位出ています。結局参詣を諦めて、裏手の千本鳥居に行きました。
鳥居は合計で7千本あるそうです 100本ほど潜って外に出ました
 ホテルに戻ったのは日が沈む頃になりました。私共は予約したフランス料理を美味しく頂きました。せっかくのステーキが薄くて煮込みの様に火が通り過ぎていたのが残念でした。
 2012年1月2日:
 少し早めの出発で、長浜港からボートで竹生島の宝巌寺に向かいます。片道約30分。島は周囲2km、高さ197.6mだそうです。淡海は北風で荒れていましたが、無事に到着、約170段の磴を上ります。折から小雨となり、家内に片手を貸しながら登りました。
今朝の伊吹山はかなりクッキリ出ています 出航するボートの上から撮影しました

長浜港に戻って、傍のホテルで昼食を頂き、後は一路東京を目指します。運転手の工夫あって無事に東京駅に予定時刻に帰着しました。吾々はJRで東戸塚に戻り、タクシーで帰宅したら、午後10時過ぎでした。