町内会の伊豆温泉日帰りバスの旅 

 2008年6月15日(火): 毎年6月に実施する町内会のバス旅行のに参加しました。会としては40名以上を期待したようですが、会費を少し上げためか、梅雨を恐れるためか応募者は2 8名と低調でした。朝7時に近所のお寿司屋さんの前に集合、7時半出発。日曜ですが順調に進み、途中、「伊勢原パーキングエリア」と「箱根の十国峠」で小休止 して「国指定史跡の韮山・反射炉」には10:30に到着しました。
 韮山・反射炉の歴史がステンレス板に掲示されていました。『幕末期の伊豆代官・江川太郎左衛門英龍(坦庵公)は、国防の重要性を幕府に建議し、許可を得て大砲鋳造に必要な反射炉を築造。韮山反射炉は安政元年(1854)に起工、翌年2基が完成し、安政4年(1857)息子が父の遺業を継ぎ北側の2基を築造した。以来元治元年(1864)に至るまで、ここで大小の大砲が鋳造され主として江戸湾防備のための、品川台場に使われた。当時の反射炉は、韮山のほかに山口県萩市に存在するが、完全な形で残っているのはここ韮山反射炉だけである 』。 鉄鉱石は東北地方の砂鉄で、銑鉄も同地から運んできたものと想像されます。 品川台場で実際に大砲を撃ったと言う記録はあるのでしょうか?真鍮の砲身では強度が低く、強力な爆薬を使うのは無理だったと思われます。home
 左上は反射炉、左下は湯口を覗く穴。上は記念撮影用の看板娘(男)、下は代官・江川太郎左衛門英龍の像です。 日本茶の商売に利用され、茶摘みの体験が出来ます。親子連れの参加者が早乙女の衣装を借りてぞろぞろ茶畑へ向かい、男ばかり10人くらいの団体が女装で茶摘みをしていました。 

 反射炉の前のみやげ屋にプロペラ機が飾ってあります。理由は判りませんでした。此処から15分で長岡温泉の「ホテル天坊」に移動して大広間に通され、一休みして、大浴場に浸かり、露天風呂から庭を眺め、正午に食事が始まりました。
 食事で気が付いたことは刺身が無かったことです。大人数の会食で食中毒でもあったら大変だからでしょう。
 庭の散策とロビーの喫茶で時間をつぶし、13時半にバスで30分ほど国道1号線を走り、柿田川湧水に到着。自然保護活動の人の説明に依れば、嘗て此処はゴミ集積場だったとか。それにしても最近の環境保護と自然食ブームで、大きな容器を持って来て「富士の水」を汲みに来ています。ヴァナジウムが溶解しているのを売り物にしています。しかし、私の知る限りでは、ヴァナジウムは人体悪影響を持つと言うデーターは存在するものの、健康に良いと言う科学的データーは存在しない様です。出来れば皆様もお調べ下さい。

大広間での昼食

ホテルの庭で四つ葉のクローバー採りなど
柿田湧水湖のほぼ全景 砂が踊って湧水が判るカ所が複数あります
 沼津インターに向かって国道を走り、お決まりのコースとして、沼津魚センターに立ち寄り30分のショッピングです。私は独りで近くを散策し、コンビニで缶コーヒーを買いました。我が家には、予定時刻ピッタリの午後5時半過ぎに帰着すると言う珍しいバスツアーでした。