九大機械工学科100年記念同窓会home

  今年は九大創立100年になります。これを記念して「九機会」を発足させ、2011年5月21日(土)に合同・同窓会を開催するので出席をとの案内状が来ました。 案内状には「E-mailを持っている方はメールで返信下さい」とありました。では、体が動く間に出席してみようと、応諾のメールを入れました。午前中は学内の見学会です。5年前のクラス会で見学しましたので、今回は、夕刻6時半からのホテル・ニューオータニ博多・芙蓉の間(1000人収容可)での同窓会にのみ出ることとしました。
 驚いたことに福岡空港では「九大百年」と題した学術標本や資料の展示が行われていました。嘗て九州帝国大学だった時代には 、自己PRにエネルギーを使う必要はありませんでした。しかし、今や「東京へ、欧米へ」の時代で、宣伝しなければ良い学生が集まらないのだそうです。私が利用したのは第2ターミナルビルで展示場は第3ターミナルビルなので立ち寄る時間は有りませんでした。 近隣の方はお立ち寄り下さい。
 さて、話は同窓会から始めましょう。出席者は、卒業生=239名、職員+職員OB=61名、合計300名でした。例えば、昭和18年卒は1名、27年卒は3名です。我々 旧制28年組は4名しか居ませんでした。原則は立食パーティーですが、吾々高齢組には丸テーブルがあり料理が運ばれて来ます。会は高松洋教授の挨拶で始まり、事務局の報告・名誉教授の簡単な挨拶などが終わって、乾杯・会食となりました。 教授からは、東日本震災のため、会の実行に躊躇したこと、事務局からは今回の会費が高くなったのは、所在不明の卒業生が可成りあったため通信費が嵩んだことなどの説明がありました。
ウェイトレスやボーイさんはテーブルに飲物や食べ物が充分有る様に気を遣って呉れました。 ご高齢の名誉教授の方々は、体調は良いとは言い難いものの、頭は呆けておられません。安心しました。
 同級生4名は互いの健康を祝し合いましたが、隣席の高松名誉教授(杖を頼り)は、嘗ての教え子が挨拶に来るので個人的な話の時間が殆ど持てない状態でした。今回4名の出席に留まったことから、今後、同級生が一堂に会するのは無理かと思いました。当夜の宿は宗像市内のホテルを予約していたので、香月君と共に少し早めに退席しました。
福岡空港のロビーの広告  
同級生(中央に高松さん、後ろは右から、川江さん、香月さん、小生)
会場はとても広く400名は定員の4割 開会の挨拶(高松洋教授)
Old_Univ 
吾々が通った昔の工学部講堂と本館と正門
 話を少し前に戻します。会の当日は、福岡空港に12時半に着いたので、馴れない地下鉄で博多に移動し、ロッカーに手荷物をとロッカーの在る2カ所を回りましたが、凡て使用中でした。それと関東と駅舎は薄暗いのですが、博多駅の照明の明るさに驚きました。ああこれが本来の有るべき明るさなのだと思い出したほどです。 駅構内で、関東に永い私には美味いとは言えない蕎麦を摂り、ホテルに向かいました。
 ホテルのクロークに手荷物を預け、夕刻までの時間をつぶすべく、昔住んだ警固まで歩いて行きました。「六本松」(旧制福岡高校が在った)昔のへの路をボーイさんに尋ねましたところ、「えっ、歩いてですか?」と言われ、「いや、途中までだよ」と答え、幾つもの交差点を渡りながら進みました。何かおかしい?と感じたのは、練塀町の坂道が見えた時です。其処で昔の勘を取り戻し、警固への路を選びました。しかし、余りにも変わった道路と建物で判らなくなり、たまたま見付けた交番で巡査に尋ねました。巡査の教え方が悪かったのか、私の訊き方が不鮮明だったためか、また迷って仕舞いました。
句友、松本さんが間借りしていた家は駐車場になりました 我が家の跡に兄の長男が住んでいます
  近くに兄嫁が住んでいるマンションがあり、其処にたどり着いたので、先ずはと呼び鈴を押すと、昼食から帰宅したばかりと言う兄嫁に会うことが出来ました。仏壇に手を合わせ、兄の遺児や孫たちの近況、吾々の近況など、相互の 近況報告を一通りしました。帰路、昔、住んでいた場所を訪ねました。昔の我が家の敷地の一部は筑紫女学院に売却されたので、左上の写真には下校中の生徒さん、その後ろに は校舎の一部が見えます。大型車は入れない細い路地で登下校には便利なのでしょう。嘗て隣は貸家にしていました。4時半にはタクシーでホテルへもどりました。
時間が余って困ったのですが、ほどなく、学内見学を早めに切り上げたらしい一行が、ぞろぞろと到着して、受付が始まりホットしました。さて、話を戻し ます。同窓会を退席した、私と香月さんは、博多駅から列車で赤間駅に向かい、幸いにタクシーを捕まえて、大雨の中、私はホテル亀の井で下車させて貰いました。 宿は新築で清潔で、従業員も親切でしたが、安ビジネスホテルですから鍵を差し込んで、初めて空調が動く訳で、蒸し暑くてクーラーを入れると寝台の顔と頭に 冷風が当たり不愉快でした。
香月さんとアンちゃんと言う名の愛犬 庭先の薔薇
 5月22日(日) 、午前9時ころ、香月さんがホテルに迎えに来て呉れました。独り暮らしで愛犬との散歩を日課としているそうです。早速、購入して10ヶ月のPCが、インターネットには繋がるが、メールは不可能とのことなので、私がUSBメモリーに入れて持参した「NTT西日本の接続ツール」をinstallしました。この手順で、昼頃にはメールが可能になり、午後にはGmailのアドレスを取得しました。このアドレスをPCのメーラーに憶えさせるのに予想以上に時間を浪費しましたが、やっと成功し、本日の仕事は完了。近所を犬を連れて散歩し頭の疲れを癒すことが出来ました。宗像で一番美味しいと言う寿司屋さんでご馳走になり、ホテルに戻りました。
 5月23日( 月)、午前10寺半過ぎに、犬の散歩を終えた、香月さんにピックアップされました。もうPCはショートカットの整理程度の仕事しか有りません。序でに、香月さんがアマゾンで本を注文するのを手伝いました。雨が強く降りだし、2時半頃、香月邸を立ち、福岡空港まで送ってもらいました。帰路の飛行機は可成り空いていたので、揺れる機内ではありましたが、一人で4席を占め、ゆっくり弁当を食べました。疲れましたが、矢張り出掛けて良かったと思います。home

以上。